Hmong Story Cloth Embroidery by Boinu


ラオスに住むモン族による刺繍のタペストリー。モン族は文字を持たない民族で、刺繍にすることで昔から伝わる物語を残してきたそう。民族衣装に身を包んだ人々、農、そして家畜を刺繍で表現し、その暮らしが描かれています。

幅1メートルを優に超える大きさで、迫力を感じるほど。自由な色使いとステッチ、そして生き物たちのつぶらな瞳が、見るものを惹きつけます。こちらはヴィンテージ品ではなく、現地でお土産用に作られた新しいもの。針と糸、そして人の手で、ていねいに仕立てられています。

ラオスには多数の少数民族が暮らしていますが、その中でもモン族はベトナム戦争の際にアメリカにCIAとして利用された過去があるため、歴史的に複雑な位置に立たされてきたのだそう。モン族は概して頭が良く、また山での暮らしを熟知しているところに目をつけられ、それゆえ利用されてしまった過去が。この美しく、牧歌的ともいえる刺繍のモチーフの裏には、そういったモン族が強いられてきた苦難があることも覚えておきたいですね。


続きを読む


サイズ(平置き時)
129cm×89.5cm
※若干の誤差が生じる場合がございます

素材
ベースはハリのあるコットンのような生地。化繊とコットンの混紡素材とも考えられます

コンディション
新品

生産
ラオス

お手入れ方法
ドライクリーニングをおすすめいたします

About the brand:
Boinu(ボイヌ)
アジアの少数民族の民族衣装や伝統的な布を収集する「Boinu」。そのコレクションからQUARTER PAST FIVEのために、昔ながらの手しごとが施されているものをご紹介しています。

アジア各地を旅し、少数民族の村々を実際に訪れて、現地の人たちとの出会いを通して買い付け。日本から遠く離れた辺境まで出かけて、美しい手仕事を見たい、触れたいというブランドのポリシーに、QUARTER PAST FIVEと相通ずるものを感じています。

>ブランド紹介ページを見る

ーご購入にあたってのご注意ー
●古着・古雑貨の特性上、しみ、ほつれ、穴あき、日焼け、毛羽立ち、傷、特有の臭い等がある商品も多くございます。販売前に洗濯やクリーニングを行なっておりますが、それら古着・古雑貨の特性をご理解いただいた上でご購入をご検討ください
●古着・古雑貨の商品の中にはお直しや修理が施されている物もございます。つぎはぎや繕いがある商品も不良品の対象とはなりませんのでご注意ください
●写真と実物のイメージが異なる場合がございますが、通販という特性をご理解いただいた上でご購入をご検討ください
●ご注文後のキャンセル・返品はお受けしておりません。商品に関してできるかぎり詳細な説明をするよう心掛けております。ご不明な点がございましたら、下記お問い合わせよりお気軽にご連絡ください
文後のキャンセル・返品はお受けしておりません。商品に関してできるかぎり詳細な説明をするよう心掛けております。ご不明な点がございましたら、下記お問い合わせよりお気軽にご連絡ください