FEATURE

OPANAK

バルカン半島に位置するセルビア共和国は、刺繍やコードによる装飾をぜいたくに施した、美しい民族衣装で知られる国のひとつ。「オパナック」と呼ばれる靴も、古くから人々に親しまれているも伝統的なもので、本来は素材にカーフスキンが使われています。


この天然ゴム製のOPANAKシューズは「丈夫ですべりにくく、水の中でも作業ができる靴が欲しい」という農夫たちの要望を受けて、メーカー創始者であるガガ兄弟によって、1935年にセルビア南東部・ピロットという町の工房で生み出されました。今も当時と変わらぬ製法で、一点一点セルビアの工場で職人の手作業により作られています。


当店では、マットな質感がいろいろなスタイルになじみの良い「ストラップタイプ(全5色)」と、ハイカットのデザインがマニッシュに主張する「オパナック1935(ブラックのみ)」をお取り扱い中。濡れても平気という特性だけでなく、アウトソールは滑り止め加工が施されているため、雨の日も安心して歩くことができます。オリジナルのインソールと巾着ケース付き。

  価格順   新着順

  • « PREV
  • NEXT »

1-6  6